コールセンター高離職率の原因

コールコールセンターの時給が高いのは離職率が高いからなのですが、なぜ高いのでしょうか。離職理由のトップは、何といってもクレーム対応がつらい、クレームに耐えることができないというものです。クレームの原因は、コールセンターで電話に出た人にあるのではありません。自分に責任のないことについて責められ、謝罪をしなければならないのは精神的にかなりつらいものがあります。運悪くクレーム電話が続くと、それが原因で辞めてしまう人も多いのです。

ずっと同じ場所に座り続けるのがつらくて辞める人もいます。長時間、同じ姿勢を取り続けることになるので、どうしても腰や膝に負担をかけることになります。単純作業が面白くないというのも少なくない離職理由です。コールセンターにかかってくる質問はかなりの部分で類型化されており、解答もパターン化されています。何度も同じ内容の質問を受けることになり、飽きたり、退屈であったりという感情を覚えることになります。

どの職業でも同じですが、その人に合うか合わないかは、仕事を続けるかどうかを決める上で重要なポイントです。コールセンターのお仕事は比較的早期に適正が実感されるので、離職率が高く見えるのです。