コールセンター適性のある人

コールセンターコールセンターは離職率が高いことは確かですが、長く続けている人もたくさんいらっしゃいます。どのような人が長く続けているのでしょうか。

まず、職場の人間関係のストレスを嫌う人はこの仕事に向いています。なぜならば、コールセンターの仕事は基本的に他の同僚と共同作業を行うことはありません。電話をかけてきた人と接するのみです。休憩時間も別々です。好きな同僚とは話をすればいいですが、嫌いな人と話す必要はほとんどありません。

シフトを自分で自由に決めたいという希望の強い人も続きます。コールセンターは辞めていく人が多い分、新しく入ってくる人も多く、人手不足にはなりにくいのです。ほぼ100%希望が通ると言ってよいでしょう。体力を使うのが嫌な人も続きます。オフィスで電話応対をするだけなので、重いものを持ったり、立ちっぱなしになったり、歩き回ったりといった肉体的疲労は皆無です。

適性のある人にとっては、コールセンターは人間関係のストレスもなく、シフトを自由に組め、楽で、なおかつ時給の高い大変魅力のある職場であると言えましょう。コールセンターのお仕事に適正があると思われる方は、是非コールセンターの求人を覗いてみてください。

コールセンター高離職率の原因

コールコールセンターの時給が高いのは離職率が高いからなのですが、なぜ高いのでしょうか。離職理由のトップは、何といってもクレーム対応がつらい、クレームに耐えることができないというものです。クレームの原因は、コールセンターで電話に出た人にあるのではありません。自分に責任のないことについて責められ、謝罪をしなければならないのは精神的にかなりつらいものがあります。運悪くクレーム電話が続くと、それが原因で辞めてしまう人も多いのです。

ずっと同じ場所に座り続けるのがつらくて辞める人もいます。長時間、同じ姿勢を取り続けることになるので、どうしても腰や膝に負担をかけることになります。単純作業が面白くないというのも少なくない離職理由です。コールセンターにかかってくる質問はかなりの部分で類型化されており、解答もパターン化されています。何度も同じ内容の質問を受けることになり、飽きたり、退屈であったりという感情を覚えることになります。

どの職業でも同じですが、その人に合うか合わないかは、仕事を続けるかどうかを決める上で重要なポイントです。コールセンターのお仕事は比較的早期に適正が実感されるので、離職率が高く見えるのです。

コールセンターの時給

派遣先やアルバイト先を決めるとき、時給は重要なポイントです。時給が高い派遣やアルバイトにはどんな業種があるでしょうか。

給料厚生労働省の調査によると平均時給額トップが家庭教師で1,821円、二位がコールセンターで1,462円、三位が介護・ヘルパーの1,360円となっています。この数字は全国平均なので地域によって違いはありますが、時給1,000円以上のコールセンターを見つけることは容易です。全国的にコールセンターの時給はかなり高く設定されているのは確かです。

コールセンターとはどのようなお仕事をする所なのでしょうか。簡単に言うと、電話の受信もしくは発信が業務内容となります。受信とは通信販売の受注、クレーム受付のカスタマーセンターなどが主たる業務となります。発信はこちらから顧客リストなどを見ながら電話をかけ、商品の販売をしたり、契約を取ったりというお仕事となります。業務内容、電話の受け答えなど事前に研修を行う企業も多いようです。

なぜコールセンターの時給は高いのでしょうか。時給が高いときつい仕事なのではないだろうかと不安になりますが、実はコールセンターの時給が高いのは離職率が高いからなのです。ただ離職率が高いこと=きついお仕事とは言えないことも事実です

このサイトでは、コールセンター派遣のお仕事がどのような人に向いているか、そして向いていればかなり割のいいアルバイトであることを詳しく解説します。